スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェック荷物有料なのは、US Air だけじゃなかったし・・
さすがにUS Airだけってことはないだろうと思って、
まさかなーと思って調べてみたら、
アメリカ系エアラインの半分は、
チェックイン荷物は一個目から有料になってるし!

一個目フリーがあと半分。

サウスウエストだけ2個までフリー。

Airline Checked Luggage Allowances


まったく。
あんたの国が、オイル目当てで戦争ふっかけるから、こんなことになるんだってば。
迷惑だな、ほんと。

(じゃ、そんな国にお金を落としにいくなよって)

そのうち、国際線も有料になりそうだ・・・

どーする、アメリカ旅行!?
US Air のチェックイン手荷物に・・・
次回旅行の計画中です。
まずフロリダオーランドに入り、一週間ぐらい滞在してから、アリゾナフェニックスまで移動する予定ですが、
できれば直行便にしたい。
となると、去年、意図せず乗ることになった US Air が候補にあがります。
チケットも、二人で300ドルなので、安いもんだ。

ただ。
ひとつ、問題にきづいた。

US Air は、チェックイン荷物にお金をとるようになっていること!!!

Checked bag fees
US Airways charges a $15 fee for your first checked bags. If you purchased a ticket before July 9, 2008, the first bag fee won’t apply. We also now charge $25 for all second checked bags. The checked bag policies apply to all flights to and from Canada, Latin America and the Caribbean, as well as flights within the U.S.

詳細はこちら

まじかい!

15ドルなのは23キロまでだから、
うちの荷物、あやしい。。少なくとも一個はあやしいラインだ。
2個あるので、一個が23キロ超えで、65ドルになったあかつきには、
にもつふたりで80ドルもはらわなきゃいけない。
円高とはいえ、8000円弱は、なんか損した気分。

うーむ。
他のエアラインで乗り継ぎにするか。
でもなー 直行便って楽なんだよなー
悩みどころ。

と思って悩んでたら、
Star Alliance の Silver / Gold メンバーは、このルール対象外とのこと!!!
た、たしか、スヌオはUnitedのシルバーだったような。。
いえい。
じゃ、直行にしましょう。




Motel遍歴
都会を離れると、
系列モーテルの安心感を頼りにすることはよくある。というか避けられない。
びびり屋の私たちにとって。
飛び込みとかムリムリ。
B&Bも苦手。私は英会話がNGで、相方はヒトミシラーだから。

系列だからといって、どこも同じレベルのサービスか、といわれればそれは完全NOなので
モーテルのあたりはずれの文句は、できればいいたくない。

とはいっても、tax入れて1泊100ドル前後払ってるんだから、
さすがにこれはないだろーといいたくなることはある。

昔は、安さ優先で、Motel6やSuper8になんどか泊まったことがあるが、やはり値段はサービスを表す。
軽く朝ごはんぐらい食べたいよねってことで、(まずいドーナツじゃなくって)
朝ごはん付きの Holiday Inn Express 優先でいくことにした。
2年ぐらい使ったけど、どのホテルも朝ごはんはまったく同じ。
それが安心感でもあるけど、3日も連泊するとさすがに飽きる。(なんて贅沢なことを・・)
そして、Expressは、Motelにしては、ちょっと高いのがちょっとね。100切ることがあまりない。

そんな中、たまたま泊まったDaysInnで、ワッフル機があって、人生ではじめて自分で焼いた出来立てのワッフルを食べたのだ。じつは、けっこう感動した。笑
Motelの構造は内廊下だったし、全体的にきれいだったこともあり、私たちはすっかりDaysInnのとりこに。
次の旅行から、DaysInnに鞍替え。
しかーし。現実は違っていた。
あちこちのDaysInnに泊まっていると、わかってきたのだ。
最初に泊まったDaysInnが最高によかっただけで、あとのDaysInnはそうでもないぞ、ということに。

最近では、Tampaで泊まったDaysInnが、さいこーにひどかった。
にどととまらねー。
たぶん、需要に対して部屋数が多くて、こまめにハウスキーピングされている部屋と、そうじゃない部屋があるんだろう。
まず一回目に割り当てられた部屋は、ベッドメイキングは完璧なんだけど、家具の配置的に、なんか掃除の途中っぽい雰囲気があった。
まあまあ、こぎれいなだけマシでしょってことでふとんをはいだら、、、
まくらあたりに、蟻んコがうじゃうじゃーーーー!!!!
そっこー部屋をチェンジです。
その日は、外は雨ざあざあで、かなり精神的にまいった。
でもって、次にとおされた部屋も、どこか中途半端なきれいさで、びみょーな雰囲気。
お湯が出て、ティッシュがあって、ふとんがきれいなら文句はいわまい、と思ったけど、、、
となりの部屋の人たちが一晩中しゃべってる声が丸聞こえ。たいした大きさでもないように思ったのに。
おまけに、2泊目は、ダブルブッキングなのか、夜中寝入ったところで、
見知らぬよっぱらい若者グループが鍵開けて入ってきたし。幸い、ドアチェーンかけてたので大事にはならなかったけど、心臓が縮んだ。
こんなの、アメリカではよくあることだけど、こんだけ部屋あいてるのに、、と不思議にも思った。
おまけにおまけに、2泊した次の日の朝、朝ごはんをてきとーに物色して部屋に帰ってきたとき、
ドアチェーンがかかっててあかなかった!!!!
中に、ハウスキーピングの人がいたわけじゃない。
ドアを閉めたときに、反動でかかっちゃったみたい。
どんだけーーーー
ドアをあけながら、隙間からカードキーを差し込んでドアチェーンを解除し、なんとか部屋に入ることができたけど、
こうトラブルが多いと、まったく旅行を楽しめなくなってしまう。
たとえ、ARodにサインをもらった日であっても。
フロントの人も、かなりNGだった。
べつに日本以外の接客業に期待したことはないけど、さすがにここまでぶっきらぼうで、蟻んコがいるっていってんのに、一言もコメントなしで新しい部屋の鍵を無言で差し出されるだけじゃあねえ、、、
そうえいば、ここはタオルの数も少なかったので、なんどか余分をくれといいに言ったんだけど、
そのときも無言の対応。
期待してねーけど、まったく期待してねーけど、人間として、どうやったら無言で対応できるんだー!
ジャスタモメントぐらいいってみろっつんだーぼけ。
2日目の黒人のおじさんは、とってもいい対応だったから、なおさら比べちゃった。

ということで、わたしたちは、DaysInnは卒業した。

最近の流行は、La Quinta。
ここは、古いモーテルを買い取ってチェーン化してるのではなく、
Expressと一緒で、イチから作ってると思われるので、
比較的新しくてきれいなところがおおいと思われます。
値段も1泊80~100というのが多いですね。
ただ、Motel6やSuper8と違って、どこかしこにもあるわけじゃないのが残念。
DaysInnやBestWerstenは、買取型なので、あたりはずれが多いかなと経験上感じている。
オーナーさん依存というか。
BWは高いんだけど、希少価値が高いところにあったりするので、やむなくってパターンが多いな。
ヨセミテとか、ブライスとか。

あ、思い出した。
一番最初に泊まったDaysInnは、キャピトルリーフでした。
あそこのDaysInnなら、いつでもOKです。

シアトルで泊まったQualityInnも、その名のとおりというか、むしろHotelみたいな高級感があって、最高だった。シアトルにいくことがあれば、つぎもそこに泊まる予定。
シアトルダウンタウンに近いBWにも泊まったけど、利便はいいが、なんとなく古さがにじみ出てて、あんまり好きになれなかったな。

vs YANKEES @ Toronto Rogers Center
初カナダ。
アメリカみたいなのを想像してきたら、まったく違う国だった。。

NewYorkに近いこともあって、やはりヤンキースファン多し。
あと日本人もけっこういた。

toronto.jpg

thirdrowseat.jpg
今回は一塁側の前から3番目。

愛しのジーター。
jeter.jpg
ボケてるが、なんとなく目が合った気になって、興奮。
jeter_posada.jpg
愛するポサダ様。
jeter_matsui.jpg


この日は911のセレモニーがあった。
2007911_2.jpg

2007911.jpg

2007911_3.jpg


そろそろ試合開始。
johnny.jpg
ジョニーは髪短くなってて、誰かわからんぞ。
johnny2.jpg

johnny3.jpg

jeter2.jpg

jeter3.jpg

ARod.jpg

gianbi.jpg

cano.jpg

posada.jpg

matsui2.jpg

cabrera.jpg

copyright © 2006 スヌ子とスヌオの旅行記録 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。